アダルトアフィリエイトの記事数・文字数・更新頻度の目安とは?

アダルトアフィリエイトの記事数の目安や必要な文字数、更新数などをまとめて書いていきます。

記事の質や数は種類やジャンルによって異なるのですが、ある程度の法則を掴んで運用することで高確率でアダルトアフィリで稼ぐことが可能です。

どのように考えればいいのか?という思考の部分をお伝えするので、ぜひこれからのアダルトブログ運用に役立ててください。

アダルトアフィリエイトの記事数の目安とは?

アダルトアフィリエイトの記事数はわかりやすく言えば100記事です。

「出たよ100記事理論…」とか思ったかもしれませんが、まあこのまま読んでください。笑

100記事という言葉には二つの意味があります。

それは

  1. 検索順位が上がる記事・上がらない記事を把握する
  2. 稼げる記事・稼げない記事を把握する

の二つです。

アダルトアフィリエイトの記事数・文字数・更新頻度

①検索順位が上がる・上がらない記事を把握する

検索順位が上がる・上がらない記事を把握するとは、一定の記事数を投下して検索順位が上がりやすい記事や、逆に上がりにくい記事を把握するということです。

Googleはなぜかは知りませんが

  • 同じレベルの競合
  • 同じレベルの記事クオリティ
  • 同じレベルのカテゴリーの記事数

という条件が同じ状態で書いても検索順位が上がる記事・上がらない記事があります。

到底勝てないはずの競合ドメインにあっさり勝ってしまう記事もあれば、どう考えても勝てるドメインパワーなのに勝てない記事もあるのです。

記事数が多ければ多いほどこのサンプルが取れるので、より稼ぐまでの時間が早くなります。

②稼げる記事・稼げない記事を把握する

二つ目の目的は稼げる記事・稼げない記事を把握することです。

アダルトアフィリエイトのキーワードは極端に稼げる記事・稼げない記事(正確にはキーワード)が分かれます。

僕の記録では8000クリックで4CV(成約率1/1000以下)という輝かしい記録を持っており、という案件を頑張って売ろうとしてしまったことがあります。

でもその一方で成約率14%という案件もあり、本当に稼げる・稼げない記事はハッキリしてるんですね。記事数が増えれば増えるほど売れる案件の把握が早くなり、稼ぐ速度が早くなります。

  1. 検索順位が上がる記事・上がらない記事を把握する
  2. 稼げる記事・稼げない記事を把握する

という意味でも記事数は最低でも100記事は突っ込んでみたほうがいいということですね。もちろんコンテンツの質も大切なので、しっかり力を込めて書かれた100記事が必要になります。

アダルトアフィリエイトに必要な文字数はどれくらい?

アダルトアフィリエイトに必要な文字数ですが、これは競合のコンテンツの質によって異なります。

当然ですが、アダルトアフィリエイトで稼ぎたいのはあなただけではありません。色んな競合が参入して稼ぐためにサイトを作っています。

その中であなたが稼ぐためには、Googleから競合を上回る評価をもらう必要があります。

例えば

  • 競合の文字数:4000字
  • 競合の画像数:5枚
  • 競合の見出し(h2)数:6個

だとすれば、最低でも上記以上の文字数、画像数、h2タグで記事を書く必要があります。

競合の文字数が4000なら、自サイトでは7000~8000字くらいをベースに書いていくとドメインパワーで負けていてもある程度戦えるかと思います。

仮にこのキーワードで勝てなくても全体のコンテンツの質がぶち抜いていれば、サイト全体の評価が上がって稼ぎやすくなります。

文字数は競合の1.5倍~2倍程度を目安に作っていくといいです。

アダルトアフィリエイトの更新頻度の目安

アダルトアフィリエイトの更新頻度の目安は1~3記事程度を目安としていくといいでしょう。

ただ一人で運用する場合に5000字~1万文字の記事を毎日3記事はさすがに無理なので、1記事を目安に更新していくといいと思います。

僕は文字数と画像数(&加工)が多いので毎日1記事を目安に書いてます。

単なる更新頻度の高さだけでなく、文字数や質も関係してくるので、質を落とさない範囲で更新頻度を保てる工夫をしていきましょう。

コメント